<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポイントノワール滞在

コンゴ共和国の第2の都市ポイント・ノワールPointe Noireは、大西洋に面した港町である。
パリからの直行便もあり、貿易港や海岸線のリゾート地でもあり、カジュアルで開けた雰囲気である。首都ブラザビルが政治的な町なら、ポイントノワールは商業の町といえる。

ここでは、初めてコンゴのauberge オーベルジュ(=ホテル、民宿)に泊まった。
海岸に近い住宅街にある、静かで清潔な宿でした。日本円にして一泊・一室6千円くらいの換算だった。知り合いに口をきいてもらい4千円になった。

d0052090_17592591.jpg d0052090_1814162.jpg

d0052090_182040.jpgd0052090_1821956.jpg
d0052090_183826.jpg


ただし、ポイントノワールは滞在中ずっと停電で、水道の水は止まっていた。(!)
まあホテルや店は自家発電で、照明がついていたし、汲んだ水がバケツに何杯もためてあり、シャワーを浴びるときは、フロントに言うと自家発電のスイッチを入れてくれて、シャワーからお湯が出てきたので、不便は感じませんでした。

滞在中に、ポイントノワール郊外の海岸沿いに建築中のG子お姉さんの家を訪ねた。リタイヤ後のセカンドハウスとして土地を買って、数年前から建築中だそうだ。
数年もかけて家を建てている、と言っても別に大邸宅というわけではない。ブラザビルでもそうだったが、建築なかばで工事が止まっている家や建物、というのがやたらに多くある。理由はいろいろあって、「日本のように毎日効率よく建築するわけじゃないから」「材料や機械の入手が容易でないから」、そして何より大きい理由が、「建築費をはらった分だけ作業をするから」!

で、セカンドハウスとして建てているG子姉さんも、特に建築を(支払を?)急いでいる風でもなかった。今回も「ポイントノワールに行くのなら、私の家を使ったらいいわ!」と、土台ができたという家を提供してくれることになった。

コンクリート打ちっぱなしの屋内。おしゃれ~、というよりまさに建築なかば、だったが、輸送したチャリティ物品数十箱を一時保管しておくのに最適だったし、車も3台収容でき、これ以上ないほどありがたく使わせていただきました。
次に行くときは、どこまで内装がすすんでいるか楽しみである。

家の前は、もう砂浜で、ビーチまで歩いていける。
近所の家を見ると、しっかり完成してサテライト/テレビまでついている家、半分だけ建ててその部分にもう住んでいる家(!?)などさまざま。

d0052090_15535089.jpgd0052090_15541460.jpg
d0052090_15544713.jpgd0052090_15555424.jpg
d0052090_1559294.jpgd0052090_1604198.jpg


土地の人には海にはもう興味がないのか、海辺にはほとんど人がいない。たまーにカップルが散歩していたり、子ども達が遊んでいたり。

ところが、夕日が沈むころになると、その美しさはさすがに人を引き寄せるらしく、そぞろに人が出てきた。
金曜の夕方になると、海辺のカフェ・レストランも音楽を流し始め、ビーチサイド・レストランの趣がでてくる。音楽はもちろん、リンガラ・ミュージックである。

海辺でその音楽を聞いていたら、そこに赤いサイレンをつけた白地の救急車が乗り付けた。
砂浜にのりつけると、どやどやと白衣を着た人たちが降りてくる。どうやら病院勤務の人たちが、救急車を使って、夕日を見にきたらしい。しばらく海辺で談笑したあと、今度はウィンウィンとサイレンを鳴らして急ぎ勤務先に戻っていった。。。
[PR]
by tytomoyo | 2008-11-18 17:49 | ポイントノワールの海辺で

コンゴ航空に乗った

今回日本からは、東京-バンコク-アジスアベバーブラザビルと、タイ航空とエチオピア航空を乗り継いだ。8月のピーク時な上に燃料サーチャージも最高という時期だったため、パリ経由のエールフランスで行くと40万円くらいしたが、このアジアルートだと20万代だった。J夫が「乗って大丈夫だった」エチオピア航空は、中古機体らしく、機内がインドネシア語標記だったり、毛布が足りなくて怒っている乗客がいたり、配布されたイヤホンが超でかいヘッドフォンでびっくりしたりしたが、超長い旅程という以外はまあ順調に目的地まで運んでくれた。多少のことはガマンしよう、とあまりにも覚悟して乗ったせいか、無事着いただけで感動したが、帰りに8時間も遅れてバンコクでやっとタイ航空に乗り継いだときには、この席ファーストクラス・・・と思うくらい快適に感じたのを考えると、やはりエチオピア航空、相当たいへんだったのかもしれない。

しかし、特記すべきはコンゴ国内のフライトである。

ブラザからポイントノワールまでの往復は、成り行き上ひとりで飛行機の旅、となった。
航空会社はTrans Air Congoという。コンゴ航空・・・聞くだけで後ずさりしたくなるような響きだが、この便しかないのだから仕方がない。G子お姉さんに予約してもらったら、「Eチケットです、と言って手書きの4枚つづりのカーボン用紙のチケットをくれたわ!ははは」と券を渡してくれた。D子が「どんなことがあっても、飛行機に乗るまで私がしっかりついていてあげるから、心配しないで」と心強い、というか不安度が高まる言葉をかけてくれる。

当日、午前9時のフライトの2時間前にブラザビル・マヤマヤ空港へ。まず、チェック・イン・カウンターのある構内に入るところで、人が押し寄せている。警官が、一人しか通れない戸口に立って「押すな、パスポート提示!」と叫んでいる。国内線でもパスポート要るんだ、と思いながら、やっと戸口まで着くと、その警官が「出航便の順だから、PN行きはまだだよ」、とそっけなく脇に出るよう言う。D子が、「あと1時間ちょっとしかないわ、やばい!!」と、もうキレそうになっている。こんな小さな空港なのに、とことん能率が悪い。ガラス越しに見えるチェックイン・カウンターも人だかりだから、「こうなったら空港で顔のきく私のイトコを呼ぶわ」と携帯電話をする。空港内で働いている、というその従兄が5分ほどして現われると、「先に代わりにチェックイン手続きをしてきてっ」とD子が私のチケットをわたす。彼は、ほい来た、と人だかりをすり抜けて入ろうとする。警官がめざとく彼を押しとどめて、なんだオマエ?と言うが、別の人もすり抜けようとするので気が散っているうちに、D子の従兄がするっと中に入る。え!だいじょうぶ?!と逆に心配になるが、D子に手を引かれて私も荷物を持って突き進む。警官のチェックといっても、顔パスですうっと入る人たちもいて、わけがわからない。

チェックイン・エリアでは、D子の従兄がカウンターの人だかりの中で必死にチケットをかざして手続きしようとしている。「並ばないのか、みんな!!」と言いたいのは私だけではなかったらしく、空港職員のような人が「並んで、並んで」と人々を制している。
ところが、「並べ」と言われて並び始めた人々は、皆、前の人とスキ間なくキツキツにくっついて並ぶ。おなかを前の人の背中にくっつけて、皆ペンギン歩きになる。うー、苦しい、とばかり巨大な荷物を前の人とのあいだにはさみこむ。国内線でも相変わらず皆、荷物がめちゃ多い。電車ごっこのようなその列がうねって、お年寄りが、おっとっと、と列から振り落とされそうになると、周りの人が「落ちるな~」と手をさしのべる。反対に、何食わぬ顔で横入りしようとするヤツがいると、皆が太い声で「オーイオイ、入ってくるんじゃねえ~」と共同で追い払う。

ああ、こんなおもしろい光景をカメラに収める勇気がない・・・と思いあぐねている私に、D子が「あの従兄より有力な人を見つけたわ」と、とても手足の長い人を連れて来る。1000フランくらいある?と言われて200円ほどを払うと、その人が長い手をのばして、チェックインを済ませてくれた。せっかくの列も、カウンターが近づくと我先に、となって列がくずれてしまうのだ。

ボーディングチケットを手に、隣の搭乗口の待合室についたのは、搭乗30分前。D子は、「あの人たちまだ並んでるね!ははは」と勝ち誇ったように言う。私が、「こちらは余裕だね、でもチケット買ってあっても乗れないこともあるの?」と聞くと、「チケットがあっても、飛行機に乗るまでは安心できないわよ!」とわかったようなわからないような返事を、確信を持って答える。

やがて、搭乗時間を30分ほど遅れて、「搭乗口を開けます」とアナウンスがある。と同時に、位置に着いて用意していた乗客が一斉に、ドーンと外に走り出る。D子は、転ばないように追いついてね、行くのよ、いま!て感じで追い立てる。じゃあ、行ってくるね~となぜ走るのかわからないまませき立てられて、飛行機のタラップにむかって急ぐ。

飛行機まで意外と距離があったため、みな息をきらしながら近づくと、ようやく余裕をもってタラップを上る。
客室乗務員の女性にボーディング・チケットを見せると、にこっと微笑みかえしてくれたが、1列しかない通路なので、そのまま進む。
ボーディング・チケットに「23C」と座席番号があるので、15、16、17・・と列をすすんでいくと、なんと、席が20列までしかない。・・・・うそ!
一番後ろににこやかに立っている客室乗務員のおじさんが、固まって突っ立っている私に、「席の番号は、関係ないよ。」と声をかける。「どこでも座っていいよ」
ばっ と一番近くの座席に荷物をおいて席を確保。そ、それで皆、走ってたのか?!
見回しても席のとりあいは起こらず、皆それぞれ席を確保した模様。よかった。。。Eチケット、定員数どおりには発券してあったのだ。
あとで聞くところによると、手荷物を入れるスペースを確保するために、皆いちもくさんに機内に入ろうとするということだった。

機中では、客室乗務員のお姉さんが慣れたかんじで飲み物のサービスをし、これまた慣れたかんじで近所の子供でも叱っているかのように子どもにどなっていて、なんだか和やかな機内だった。
d0052090_13592561.jpgd0052090_13594345.jpg
 d0052090_1401195.jpg d0052090_1403043.jpg
d0052090_1404931.jpg d0052090_1411037.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2008-11-14 16:24 | コンゴ航空に乗る