<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ランクル道中

ポイント・ノワール(PN)からブラザビル(BZV)まで、ランクルとRUV4を運転して運んだJ夫一行。
午後4時半に出発し、丸1日以上かかって翌日夜にようやく到着した。
PN-BZV間はコンゴのなかで唯一列車がとおっている。が、そのためか車道はあまり発達しておらず、トラックや4駆でしかすすめないだろうと聞いていた。

当初、私もPN-BZV間のランクル道中に同行しようとおもっていた。が、ブラザでアメリカ大使(女性)から、「You shouldn't even think of it! まさか、ポイントノワールからブラザまで?私はその最後の1時間ほどの距離をブラザから車で行ったことがありますが、車のなかで延々はねたり飛んだり揺られたりして腰を痛めました。」と生々しい体験談を聞き、即刻断念。私だけ飛行機で帰ってくることにした。ま、いずれにしても、私の滞在中にはコンテナが受け取れなくてランクルと面会することはできなかったのだが。

PN-BZV間は飛行機なら40分、距離にして約500km。
ランクルとRUV4,それにカローラの3台でポイントノワールを出発。3台めのカローラは、PN滞在中に知り合った夫婦がブラザまで行くというので同行することになった。
一行は、J夫、甥のC男に加えて、友人で大統領警備隊員のA男(彼は、1週間の休暇をとってPNに合流したのだが、PN滞在が思いがけず延びて休暇を取り過ぎ、ブラザに帰ってから『ミリタリー・プリズン』に数日拘置された、という!)、いとこで「ニンジャ」のR男(家族も知らなかったのだが、J夫が「ニンジャ」関係の人をさがしていたら、なんと身内からカミングアウトしたのが彼だった)、とその友人2名。

コンゴには「ニンジャ」と呼ばれる反政府勢力ゲリラ部隊がいる。おもに南西部を拠点にしており、「その地方を通過する列車や車両への襲撃を繰り返している」、と日本の外務省の海外安全ホームページにも書かれている。今回ブラザビルまでの道は、まさにそのニンジャ地域を通過する。ニンジャ兵たちは、道路を通行止めにして自分たちの作った道路を通らせて通行料をとる、とか、ガソリンを高く売りつける、というような方法で、通行車からお金をまきあげているらしい。
政府側に近い軍人A男と、反政府側ニンジャ関係者のR男を同行して脇を固めた(?)J夫一行は、今回の道中でニンジャ関係のトラブルはなかったという。

しかし、それ以上のクセモノは、泥と埃とぬかるみの道なき道だった。

なぜ?! と言いたくなるほどまったく整備されない「幹線道路」。コンゴ共和国首都のブラザビルと第二の都市ポイントノワールを結ぶ幹線が、これ?! 
コンゴの現政権は主に北部の民族からなり、道の舗装工事や町の開発もまずは北部から、となってこの南西部は取り残されている、というのが理由の一つだという。

d0052090_23555050.jpgd0052090_2356558.jpg
d0052090_04321.jpgd0052090_051858.jpg
d0052090_061675.jpgd0052090_064551.jpg
d0052090_071765.jpgd0052090_075470.jpg
d0052090_09565.jpg
d0052090_0194666.jpgd0052090_0201648.jpg

ランクル活躍。ぬかるみ、浸水、山道をモノともせず、ウィンチャ-を使って、カローラを救出。そのあと、後方のカローラを引き、同時に前方でスタックしたRUV4を押し進めるという強行を成し遂げる。

J夫「ランクル世田谷店の荒さん、ありがとう。やっぱりランクルすごい。日本に帰ったら富士オフロード・コースに練習に行きます」と思ったそうです。(ふつう順序が逆じゃないかと・・)
[PR]
by tytomoyo | 2008-10-30 18:03 | ランクル道中

チャリティ物品を送る

クルマと一緒に、今回衣料品やPC、デジタル機器を現地のプロテスタント教会とNGOsに送りました。

今年5~6月に友人や教会から寄付を募ったところ、衣料品30箱が集まりました。そしてCitigroupからPC50台をもらえるという嬉しい寄付もあり、一気にチャリティ活動にも熱が入りました。
輸送品は、クルマと一緒にコンテナで送られ、ポイント・ノワールで受け取るのに時間と費用がどっとかかるという苦難をのりこえて、無事ブラザヴィルに到着。プロテスタント教会(Le Ministere de la Restauration dans le Rocher et ses Branches (MRRB))と2つのNGOグループに無事、寄贈されました。

現地の人々に届いたのは9月末。文字通り「☆歓喜☆」を持って受け取ってもらえました。 特にPCについては、子どもたちの教育・育成プログラムを主宰する現地のNGOリーダー達に本当に感謝されました。

政治・経済が不安定な状況で、子どもの人口は増加し続けるコンゴにおいて、政府によらずこうした民間・草の根活動の貢献の大きさは計り知れないです。 日本からの輸送は、コンゴ関税・役人対策もあり一筋縄ではいかないですが、今後も少しでも活動への助けができればとおもいます。

d0052090_029840.jpgd0052090_029376.jpg
「メルシー!」 輸送品は無事教会に渡り、施設やNGOグループに配られました。
d0052090_030684.jpg d0052090_030351.jpg

d0052090_0311059.jpg d0052090_0343910.jpg
二つのNGOグループ 1.児童強制労働とたたかうNGOグループ。2.都市と農村の水源を守るための人材育成をするNGOグループ。

d0052090_10415775.jpg d0052090_10491192.jpg
2つの児童保護施設も訪ねることができました。ユニセフやNGO団体から支えられている施設もあれば、日々の食事にも困窮している施設もありました。地元の教会からは定期的に食料や燃料を届けていました。
子ども達になんと声をかけたらよいのかわかりませんでしたが、一様にあまりに明るい笑顔で迎えてくれて逆に元気づけられました。
d0052090_10494492.jpgd0052090_1050395.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2008-10-30 17:53 | チャリティ物品を送る

ランクル着いた

7月初旬に日本を出航したコンテナは、5週間で順調にコンゴの港ポイント・ノワールに到着しました。が、関税などの手続きに予想外に時間がかかり、数週間かかってようやく港から引き揚げることができ、9月末無事首都ブラザヴィルに到着しました。

と一行で書きましたが、ポイント・ノワールでなが~いなが~い苦行の末に、やっ    と受け取ったコンテナ。私は、この際ポイント・ノワールを観光して予定どおり2週間で日本に戻ってきましたが、その後J夫はどっぷりコンゴに浸かりました。。。(続く)

d0052090_0211989.jpg d0052090_0213147.jpg
d0052090_0221528.jpg d0052090_0223613.jpg
d0052090_023719.jpg d0052090_023312.jpg
d0052090_0235540.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2008-10-20 00:24 | 2008年夏 ランクル