カテゴリ:小旅行 1.( 1 )

マクアへの道

旅 - 前夜

3日間の予定で小旅行をすることになった。
目的地はコンゴ北部のマクア(Makoua)という町。

当初は、オザラ国立公園という、北部のガボン共和国との国境地帯で動物を見てみたい!という希望だったが、国立公園に入るためのガイドや交通手段が確保できなかった。というか、まず観光客のほとんどいないこの国で、「国立公園に動物を見に行きたい」という希望を聞いてくれるエージェンシーや家族の知り合いもなく、どうしたらいいんだろう?と電話で話しているうちに出発近くになってしまった。

オザラ国立公園でゾウの研究をしている萩原みきこさんに、ようやく特別にガイドの手配をしてもらったが、日程があわない。私達としては、限られた滞在期間のなかで、ブラザヴィルの実家から数日間で小旅行するのが希望だった。さらに、運悪くというかなんというか、近年その国立公園を訪ねた稀有な日本人観光客があったらしく、日本からツアーで80万円くらい払って、ゴリラやゾウを見に来たらしい。今回も日本人だから、というのかどうか、ガイドと交通手段にゼロのいっぱいついた法外な値段がふっかけられた。
ブラザヴィルの家族に聞くと、「そのお金、動物見るために、払うのか?気はたしかか?」と言われた。「それになんで、わざわざ遠くまで不便な旅するの、地方は未開の地域よ」と、自分の国とは思えない不信感。

結局、旅行の計画はいまひとつ具体化せず、ブラザビルに着いてから、旅行はどうする、こうする、と話していると、G子お姉さんが、「いい人知ってるわ」と携帯で電話し始めた。「・・ってあなたの地方でしょう。様子をおしえてあげて」

そうして現われた救世主が、ムッシュ・イトワさんだ。イトワさんは、マクアの出身で、マクアの市会議員で有力者の息子さん。それがどういう意味なのか、その時点では重要さがわからなかったが。電話後すぐに来てくれたのは、家がすぐ近所だっただけではなくて、とても面倒見の良い、親切な、そして出身地マクアを切に愛するイトワさんの人柄ゆえだった。

「じゃあ、3日間の旅程で、マクアに行こう!」と、結局イトワさんの町に、イトワさん自身といっしょに行くことになった。「動物は、いますか?」「マクアには、いないんだよ」「途中の道や寄れるところで、動物が見れるところはありますか?」「うーん、道からは見えないし、途中で寄るための交通機関もないし、第一、動物見るために寄っていると、マクアに着くのが遅くなるよ。」

動物は、見られないのか...?というギモンが離れないまま、出発となった。とにかく、首都ブラザヴィルから北600kmを旅することになる。きっと、ジャングルの中で動くもの、とか、草原を走るもの、とか何かしら旅先には待ち受けているにちがいない。
日本から持ってきた、虫除け携帯ベープ、ムヒ軟膏、装着できる蚊帳、頭につける懐中電灯、レインウェア、トレッキングシューズ、といったものをバックパックに詰めて、インディ・ジョーンズの夢を見ながら、出発の朝を迎えたのでした。

旅 - 一日目 バスに乗る

朝5時半に出発して、長距離バス・ターミナルへ向かう。Ocean du Nord という唯一の長距離バス会社は、もともと国営だったが、民営化されて今ではセネガルの会社が経営しているらしい。北部に旅行する公共交通機関は、飛行機か、このバスしかない。コンゴ南部には鉄道もあるが、北部は、Owandoという町までようやく道が舗装されて、バスが通るようになったのはこの数年のことらしい。

ブラザヴィル(Brazzaville)からマクア(Makoua)まで634km。途中、オヨ(Oyo)、オワンド(Owando)という町を通過していくことになる。バスの運賃は、ブラザヴィル-マクアが片道15,000 CFAフラン (3,000円くらい)とのこと。

バス・ターミナルに6時AMに到着。早く早く、とせかされて着いたので、バスに駆け込んで出発するのかと思えば、これがまた、イトワさん曰く「これからバスの良い席をとるために交渉してくる」という。ターミナルは、出発を待つバスと人だかりと荷物で、空港の混雑を彷彿とさせる。が、空港とは違い、あくまでドメスティックな交通機関らしく、金目の外人客をねらっているポーターとか警備はなく、どことなくのんびりしている。

待ち合い室で座ってて、と言われてぼーっと座っていると、居合わせたイトワさんの同郷の女性とその子どもに紹介される。昨日おそわった、マクアの言語で「オディー(こんにちは)」と挨拶。とたんに満面の笑顔になったそのお母さんは、ちょっと娘を見てて、とドーナツをにぎりしめた女の子を私に託して用事に出かける。女の子は、「何者か、このひとは」と私をじーっとみつめる。「オディー」としか言えない私は、彼女には見つめるだけの相手だ。
お菓子や薬などの売り子(のお兄さんたち)が、何十回も行ったり来たり(買わないったら買わないのに)するのを、女の子とふたりぼーっと眺めて待合室のベンチに座っていると、もう7時半になっている。イトワさんとJ夫がようやく戻ってきて「出発だ」という。

d0052090_1814692.jpgd0052090_1848882.jpg


人だかりをかき分けてすすむと、バスはものすごい荷物を積み上げられて出発を待っていた。トヨタのコースター。日本でいうマイクロバス。車体に絵を描いたりすると、幼稚園バスになるヤツだ。

車内の運転席の後ろには既に、荷物が天井まで積み上げられている。スーツケースや手提げ袋、バケツや、フランスパンや、洗剤や靴(つまり何でもかんでも)が、客席との厚い壁を作っている。さらに、車体の屋根の上に、ボストンバックや麻袋を載せるため、窓によじ登って作業している人がいる。プリント紙を持った人が、おもむろにバスの乗車口から乗客を呼び始める。「ムシュー・・・」名前を呼ばれた順にバスに乗り込むシステムらしい。

バスの客席は、一列に左右2席ずつと補助席で全部で6列、定員30名というとことか。真中の列の窓際に私、その隣にJ夫、そして1列前にイトワさんが座る。
それから、ほかの乗客が乗ってくる。席がいっぱいになっても、まだ乗客の名前が呼ばれ、順番にひとりずつ、乗ってくる。え、もういっぱいなのに?「二つの席に三人だよ、詰めて、詰めて」と車掌さんらしき「コンダクター」が言う。

私は窓側だったが、隣のJ夫の向こうに、すごーく立派なヒップの女性が来てしまった。おまけに皆、手荷物を足元や膝に置くつもりで両手にかかえている。後ろのおじいさんは、人を乗り越えて座るのには手がふさがっていて、とうとう右手に持っていた長いフランスパンを、左手に持っていた長靴のなかに突っ込んでしまった!

バスが出発する。バスの周りで見送りの人たちがどよめく。「元気でねー」「また会おう」手を振る人、窓にへばりついて名残をおしむ人・・・。まるで、船の発着場のような(見たことないが)出航シーン。
d0052090_1818523.jpgd0052090_18485525.jpgd0052090_18215995.jpg

ブラザヴィル Brazzaville の町は小さいので、風景はすぐに草原に変わる。道路は舗装されていて、バスはかなりのスピード(150h/km)をあげる。草原のなかを、なだらかにうねる一本道。横から入ってくる道もなく、行き交うトラックやバスもまれにしか見ない。
d0052090_18505310.jpgd0052090_1824133.jpg

d0052090_1851963.jpgd0052090_185441100.jpg

見送り騒動を終えてやっと落ち着いた乗客は、疲れて寝てるか、黙って外を見つめていて、子どもたちがたまにぐずっている以外は静か~にバスに揺られている。唯一、ドアの近くに立ちっぱなしのコンダクター(車掌)が(それも3人も乗っている)、流れているラジオの音楽にあわせて歌ったり、荷物ごしに運転手と談笑している。風景はほとんど変わらず、低い草木の茂るなだらかな丘がつづき、たまに村があって、藁葺き屋根の大きめの家々のまわりで子ども達がかけまわっている。

そのようにして、朝8時に出発してからなんと14時まで一直線にバスは走り続け、ンゴ Ngo という町に到着した。果物や飲み物、特産の芋類を道の両脇の店で売っている。バスの止まる付近が、簡易「サービスエリア」となっている。

店の裏側に、ついたてで囲われた簡易トイレがあった。森の木の陰に穴が掘ってある「ドボン」トイレだった。一緒にバスから歩いていった女性に、「男の人が入ってこないようにそばに立っててね」と言われて、鍵もないから、こうやって互いに見張ってればいいのね、と思ったのだが、そこへもうひとり女性が来て「なかに入っているのは女性?」と聞く。「ウィ、女性ですよ」と言うと、なんと、「じゃ私も」とついたての中に入ろうとするではないか!ちょうど前の女性が出てきたので、「二人同時トイレ」状態は発生しなかったが、それも「あり」なのか!混浴じゃなかった混トイレ?はまずいが、同性ならばOKなのか!?
よほどその女性が緊急を要していただけかもしれないが、私が入っている間にも、いつまた別の女性が入ってくるかと気が気でなかった!どこで驚かされるかわからない、まったく。

Ngoを出発して、オヨ Oyo という町を過ぎる。ここは、コンゴ共和国現大統領のサスーンゲソ氏の出身地だそうだ。人口も少ないのに開発がすすんでいるそうで、たしかにガソリンスタンドやビルなど新しい建物が建っている。本人が微笑んでいる巨大な看板が町にすっくと立っている。隣国のガボン共和国のボンゴ大統領の夫人は、サスー大統領の娘だそうで、イトワさんが、「あそこの丘の上の白い家はボンゴ夫妻の家だよ。まわりの畑も牧場もみな大統領の御料地だよ」と指さす。

さらにバスは進む。風景は、だんだんと草原から森に変わってくる。森の密度が増してきて、ヤシやパイナップルの木などが生えている。が、木々はそれほど高くはない。

オワンド Owando に着いたのが15時。バスを乗り換えるらしい。J夫は、初めて北部に来たので緊張する、と言う。「内戦時なら殺されたからね」 ・・・そんな背景があったことも忘れていたほど、町はのんびりとして、草原と森にかこまれ、ゆったり流れる小川にはカヌーが浮かんでいる。
d0052090_18241242.jpg


バスの乗り換えまで時間があったので、ぶらぶら歩いてみる。地方にはスペースの余裕があるせいか、家々も大きい。植民地時代のヨーロッパ風家屋があるとおもったら、入り口にガードマンが立っていて、市の公人の家だと言う。ブラザヴィルを出てから、カメラは用心してなるべく出さなかったが、恐る恐る聞いてみる。「きれいな家なので、写真撮ってもいいですか?」若いガードマン(兵)は、にっこり純粋な笑顔で「そんなこと今まで聞かれたことなかったから、わからないけど・・・人が住んでいる家だし、ダメだとおもうよ」にこっ。
ごもっとも、だし、その笑顔に打たれて、あっさり写真はあきらめる。

Owandoを出たのが16時半。ここで乗り換えたピックアップ・トラックがまた、びっくり仰天モノだった。
バスからトラックに乗り換えたのは20名弱。しかしトラックは1台。しかも、後ろから見ると、Mitsubishiと書いてある荷台だが、車の部分はToyotaだった。
d0052090_18242663.jpgd0052090_18585685.jpg
d0052090_1859697.jpg

つづく。
[PR]
by tytomoyo | 2007-05-24 19:01 | 小旅行 1.