カテゴリ:小旅行 3.( 1 )

小旅行 2日目 マクアにて

マクア Makoua に到着し、イトワさんの親戚の家に泊めていただいた。家の主人は不在だったがお嫁さんが「嫁は働かないとね!」とにこにこと、石造りの家の床を常に箒ではき、てきぱきと働いていた。おばあさんは目が不自由だったが、突然おしかけてきた私とJの手を握って、「こんな遠くまで来てくれてうれしいよ」と歓迎してくれた。「外国人を見るのは私の人生で初めてだわ」と、翌朝も「昨夜はうれしくて眠れなかったよ」と言ってくれた。d0052090_11213529.jpgd0052090_11225848.jpg
d0052090_11232840.jpgd0052090_11235085.jpg
d0052090_11241886.jpg
イトワさんのお父さんは、1960年代コンゴ独立の際、南部出身の大統領誕生に北部マクアからサポートした市会議員ということで政府から感謝され、亡くなったあとも記念碑があるそうだ。息子のイトワさんも町じゅうが知り合いのようだった。皆に「ヤヤ(目上の人への敬称)、ヤヤ」ともてなされていたが、性格上、人のお世話をするのが好きなようで、水を買ってくれたり、近所の人の荷物を持ってあげたり誰にでもこまやかに気を配っている。
マクアでは、自転車に乗っている人が多いことに気づく。ブラザヴィルではめったに見ないし、それも女性が乗っていることはまずない。マクアの町は、ゆったりとスペースがあって、花や樹木も鮮やか、小川も流れ、リゾート地のような趣だ。

イトワさんが、役場が持っている唯一のクルマというのを手配してくれた。「今日はこれで一日観光しよう!」 ブラザヴィルを出てからは、どの町でも村でも、車といえば四駆である。ここの道では四駆でないとクルマの意味がない。

ツナギを着たおにいちゃん(役場の職員とのこと)たち三人も乗ってきた。昨日からわかってきたが、バスだろうが四駆だろうが、運転手さえいればクルマが動くわけではない。コントローラーとかエンジニアとか、運転手以外に2-3人のお兄ちゃんが必ず乗ってきて、途中でクルマの下にもぐりこんで部品を直したり、とりかえたりして、初めて車は順調に前に進むのだ。

昨日の雨で、道は水溜りだらけだった。案の定、四駆のプラドも水のなかに埋没した。ツナギのお兄ちゃんたちが水と泥をくみ上げ、車を押して、脱出する。一度、どうしても脱出できず、先に歩いてて、と私とJとイトワさんとで森の道を1キロくらい歩いた。森は、ジャングル、と呼ばれるのかもしれないが、決してうっそうとした密林ではなく、樹木もそれほど高くない。きれいな色の小さな鳥がさえずっている。

d0052090_11252919.jpgd0052090_11254716.jpg
d0052090_11245353.jpg

まず、私たちは「赤道」に行った。そう、マクア Makoua は「赤道直下」の町なのだ。昼が近づき、太陽も頭上真上に位置して、地面の影も見えなくなるのだ。マクア市役所?の議長をまず訪ねて挨拶して、といわれて行ってみたら留守だったので、じゃあ、赤道はこの裏にあるから、と案内され、わくわくして行ってみると・・・
d0052090_11261896.jpgd0052090_11264331.jpg
「赤道」と書かれてペイントされたドラム缶がひとつ、置いてあった!
ちなみに、隣のガボン共和国では、赤道ツアーというのが観光の目玉としてあって、赤道通過証明書というのも発行している、と聞いていた。
J夫は、マクアでも発行してもらおう!と、また市役所にもどって議長に頼み込んだ。
かくして、私のフルネームと、議長のサインとマクアの印鑑のついた即席「赤道通過証」ができあがり、再び建物の裏の「赤道」地点にもどって、撮った写真がこれです。

マクアは、かつてフランス人やイタリア人のカトリックのミッショナリ-(宣教師)が多く住んだところで、いまでも、カトリックやイエズス会の教会や住居がある。10年前の内戦で多くの人が一旦去ったとのことだが、学校や孤児院や教会、宣教師住居は、人々の明るい声が響いていた。フランス人のシスターで80歳になる方が、「私は十代でコンゴに来て以来ずっと住んでいるのよ」とはつらつと話してくれた。

この日の夜は、宣教師家族用の住居を一軒、宿泊用に貸していただいた。
マクアの夜景は一生忘れられないだろう。夜空一面の星、そして、広がる草原には一面に蛍が光っていた!日本の蛍より小さい光の蛍が、地面一面に無数に光っていて、その続きに無数の星があった。
ただし。
蛇がでるから、夜は歩かないようにといわれていたので、写真もビデオにも撮れなかった。
その光景は記憶にとどめただけである。d0052090_11272331.jpgd0052090_11274088.jpg
d0052090_11275019.jpgd0052090_12231736.jpg
d0052090_11281416.jpgd0052090_11283192.jpg
d0052090_1129886.jpg

3日目 マクア Makoua からブラザヴィル Brazzavilleに戻る
宿舎の部屋にも迷い込んできた蛍が舞うのを眺めながら眠りにつき、翌朝またイトワさんたちの家に合流する。
前日は電気のある日だったが、「電気のある日は存分に電気を使う」のか、町では一晩中ライブバンドが大音響で演奏していた。自然に囲まれた土地にいかにも似つかわしくないのだが、そこはひょっこり訪ねた部外者が判断することではない。
エレキの音がまだ頭に響きながら、イトワさんと食卓に着くと、「今日は、はりねずみを料理したよ!」と言う。「僕が森で獲ってきたんだ」と昨日から一緒に町をまわったお兄ちゃんが言う。
はりねずみの「はり」はもちろん除いてあって、鶏肉のような味だった。
書ききれないが、マクアで体験した生活は、ブラザヴィルとはまた違う、ある意味とても豊かな暮らしだった。おばあさん始め人々と別れを惜しみながら、また信じられないほど荷物を積み込んだマイクロバスで帰路についた。
d0052090_11295054.jpgd0052090_11293871.jpg
d0052090_1130837.jpgd0052090_12275774.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2007-07-05 12:35 | 小旅行 3.