チャリティ物品を送る

クルマと一緒に、今回衣料品やPC、デジタル機器を現地のプロテスタント教会とNGOsに送りました。

今年5~6月に友人や教会から寄付を募ったところ、衣料品30箱が集まりました。そしてCitigroupからPC50台をもらえるという嬉しい寄付もあり、一気にチャリティ活動にも熱が入りました。
輸送品は、クルマと一緒にコンテナで送られ、ポイント・ノワールで受け取るのに時間と費用がどっとかかるという苦難をのりこえて、無事ブラザヴィルに到着。プロテスタント教会(Le Ministere de la Restauration dans le Rocher et ses Branches (MRRB))と2つのNGOグループに無事、寄贈されました。

現地の人々に届いたのは9月末。文字通り「☆歓喜☆」を持って受け取ってもらえました。 特にPCについては、子どもたちの教育・育成プログラムを主宰する現地のNGOリーダー達に本当に感謝されました。

政治・経済が不安定な状況で、子どもの人口は増加し続けるコンゴにおいて、政府によらずこうした民間・草の根活動の貢献の大きさは計り知れないです。 日本からの輸送は、コンゴ関税・役人対策もあり一筋縄ではいかないですが、今後も少しでも活動への助けができればとおもいます。

d0052090_029840.jpgd0052090_029376.jpg
「メルシー!」 輸送品は無事教会に渡り、施設やNGOグループに配られました。
d0052090_030684.jpg d0052090_030351.jpg

d0052090_0311059.jpg d0052090_0343910.jpg
二つのNGOグループ 1.児童強制労働とたたかうNGOグループ。2.都市と農村の水源を守るための人材育成をするNGOグループ。

d0052090_10415775.jpg d0052090_10491192.jpg
2つの児童保護施設も訪ねることができました。ユニセフやNGO団体から支えられている施設もあれば、日々の食事にも困窮している施設もありました。地元の教会からは定期的に食料や燃料を届けていました。
子ども達になんと声をかけたらよいのかわかりませんでしたが、一様にあまりに明るい笑顔で迎えてくれて逆に元気づけられました。
d0052090_10494492.jpgd0052090_1050395.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2008-10-30 17:53 | チャリティ物品を送る


<< ランクル道中 ランクル着いた >>