ヘア・スタイルとドレス 1.

二軒隣りに住むM子と、彼女のお姉さんC子さんはヘア・サロンの美容師をしている。毎日、一緒に買い物に行ったり、料理をしたりしてすっかり友達になった。私が、女性の髪型にすごく興味を示したら、そんなに興味あるなら、これから作品を見せてあげるわ、とヘアを一人仕上げるごとに、「どう、このスタイル?」とお客さんを家まで連れてきてくれた。

女性の髪型は、つけ毛を編み込んだり、部分カツラをつけたり、手芸用品店で売っているようなビーズやボタンやリボンなどの装飾グッズを編み込んだり、ロングヘアーをつけたり、まさに自由自在。昨日ショートヘアだった人が今日はロングヘアになったり、髪の色が変わったり、カツラをつけたり、もうこちらが気恥ずかしいほどイメチェンする。

なが~い時間をかけて、ときには、建物の外の道端に、お風呂の椅子みたいなプラスチックの椅子に腰掛けて、おしゃべりしながら、何時間もかけて編みこんでいく。美容院は、昼間、近所の女性が自然と集まる井戸端会議の場でもあるらしく、お客さんや美容師以外の女性たちもそこに座り込んで、おしゃべりを決め込んでいる。子どもをそこにいる人に預けて、用事を足しにいく人もいる。

少し年配のお母さんの年代になると、編みこみのヘアスタイルは面倒になるのか、カツラを日によって付け替える。カツラにも、白髪が混じっているナチュラル系や、ちょっとあらたまった日用、カツラと帽子が一体になっているもの!、などいろいろある。外出から帰ってきて、ああ暑かった、と帽子とカツラの一体型を脱ぐので、びっくりさせられる。カツラの代わりに帽子やスカーフを巻いていることもある。

d0052090_1811975.jpgd0052090_1833818.jpg
d0052090_184388.jpgd0052090_1842266.jpg

d0052090_184384.jpg
d0052090_1845978.jpg

d0052090_1852464.jpg
d0052090_1861928.jpg

d0052090_1864356.jpg
d0052090_187493.jpg
[PR]
by tytomoyo | 2007-04-02 18:18 | ファッション、ヘアスタイル


<< ブラザ祭り コンゴ入国ビザ (パリにて) >>